2002.12.21-23  いつもの忘年キャンプ
☆12月21日(土) 

恒例の忘年キャンプの日である。この1週間、とにかく今日にたどり着こうという意識で仕事をしていた。

部屋の窓を開けると雨が降り出してきた。買い物は現地のスーパーでするつもりで、なにも準備をしないで出た。もっと落ち着いて考えたら、木直から送ってきた魚を持って出られたのに・・・、結局、現地で後悔する事になる。
師走の雨で、さすがに気持ちが弾まないままバイパスに出る。なんだか八王子市内が混雑している。それでも橋本の交差点から129号線に入り、246を右折して厚木に着く頃はなんとか走り出していた。厚木ICで東名に乗る。このころはもう土砂降りだった。どうも気持ちが弾んでこない。御殿場を過ぎ、すそ野に向けて坂を下りていく頃にやっと、少し解放感が生まれてきた。

すそ野ICで降りて、そのままいつものスーパーに向かう。何を作ろうか、あれこれ考えて、結局いつものパスタを作ることにする。今回はホールトマトを煮てトマトソースに決定。パスタ500g、にんにく、ベーコン、タマネギ、オリーブオイル、マイタケ、モンゴウイカのゲソ、アスパラ。あとは、さとうご飯、アルミのインスタントのウドン。

スーパーからキャンプ場は10分ほどで着いた。土砂降りの中、キャンプ場には誰もいない。受付を済ませたが、タープを張る気にもならないで、車の中でボーとしていた。

エッチャンからメールが入る。今、厚木とのこと。重い腰を上げて、なんとかタープを張る。しかし、ずっしりと水を吸った芝生にテントを張る気にならず、また車にもどり、持ってきたリコーダを吹いていた。

テールさんが到着。レグタンの下にSTを張る。風が強い。さっそくストーブを下ろして準備をする。その時、強風に煽られてタープのフックが延びてしまい、倒れてしまった。腰はやっぱり少し重いし、おまけに頭痛までしてきて、もう一度立て直す気力が湧かない。そのまま丸めて車の後ろに放り込む。体調が万全じゃないと、気力も萎えてくる。それにしてもタープを飛ばしたのも、久し振りだ。(^^;;;

なんとか荷物もSTに入れ終え、ストーブに火がつくころ、頭痛が強烈になってきた。とても我慢できない状態になったので、車で一寝入りすることにした。今年の2月の羽鳥湖の悪夢が甦る。車のエンジンをかけ、ヒーターを入れてシュラフに潜り込む。吐き気がしていたが、それでもいつの間にか眠ってしまっていた。

目が覚めたら、頭痛は消えていた。2時間ほど眠っていたらしい。良かったぁ! もう、それだけで幸せな気分である。不思議なことに腰の重さも随分取れている。STに戻ると、SHIMAさんも、来ていた。もうみんな晩ご飯は終わってしまっていたが、ご飯とおかずを貰って晩ご飯を食べる、めぐみさんお作ってきた”イモ煮”が旨かった。胃袋に染みこむって感じだった。

それからストーブに集まり、例によっておしゃべりが始まる。体調がすっかり良くなって、なんだかウキウキ気分。ストーブが真っ赤になるほど、薪をドンドンくべる。外の寒さが嘘のように暖かい。

さっき2時間眠ったおかげで、いつものキャンプと違ってぜんぜん眠くならない。結局、1時半くらいまでストーブの回りで話をしていた。汗ばむくらいの暖かさで、なんとも幸せな気分だった。

タープを建てていないので、結局今日は車で寝ることにする。ま、これはこれで、なんだかいい感じである。ぐふっと、笑って、眠りについた。


☆12月22日(日) 

朝、目が覚めたら腰の調子がいい。やっぱりキャンプがいいのかなぁ・・(笑)。雨はなんとか上がってくれて、厚い雲はまだ残っているが、本格的には降りそうもない。ストーブに火を入れ、お湯を沸かしてから、写真を撮りに散歩。

STに戻ってみると、かつりゅうさんがもえちゃんと来ていた。今日は泊まれないが、デイキャンプで遊びに来た。あれこれおしゃべり。そのうち浅太郎さんも到着。これで、今回のメンバーが全員そろった事になる。お昼はSHIMAさんがお好み焼きを作ってくれた。これが、旨い! えっちゃんともえちゃん、おりえちゃんはピザを焼く。これも旨い!

かつりゅうさんは、お昼過ぎに帰っていった。夕方、子供達女性陣は温泉に行った。僕らはSTに残って、ストーブの回りで、グズグズ(笑)。

夕方まで、なんだかんだとSTで過ごし、夕ご飯は、僕はパスタを作る。ソースはベーコン、モンゴイカ、マイタケ、アスパラ、タマネギをニンニクたっぷりのオリーブオイルで炒め、ホールトマトを入れて煮込む。麺はストーブに鍋をかけてお湯を沸かす。煮込んでいる小さな鍋をストーブの上に上げたままで、大きな方で麺をゆでられる。調理具としてのストーブも優れものの道具である。火力があるので沸騰が良い。麺が良く回って、プロパンでゆでるよりもなんだか美味しく出来るような気がする(^^)。ゆで上がった麺をソースに絡め、ほんの気持ち火を通し、素早く上げる。自分で言うのもなんだが、なかなか美味しいパスタが出来上がった。

それから、カレーや焼肉などあれこれご馳走が出てきて、ついつい食べ過ぎてしまう。テールさんから胃薬を貰ってしまった。食後男性陣がお風呂へ。

夜、少し早めにウィスキーを飲み始める。バーボンのお湯割り。今朝は睡眠時間がたっぷりあった気はしていたが、アルコールが回ってくると、やっぱりすぐに眠くなってしまった。一足お先に車に入り、シュラフに潜り込む。なんだかいい気分で、そのまま朝までだった。(笑)

結局、SHIMAさんが帰る時間にはもう眠り込んでいて、挨拶もなしだった。
☆12月23日(月)

早い時間にトイレに起きた。月がこうこうと明るい。星も沢山見えている。もう明け方に近いので、オリオンは沈んでしまっていたが、7つ星は天頂にあり、北極星もクッキリだった。なにより富士の姿が黒々と見えている。
『これは、ピーカンだ。赤富士を撮影できるかもしれないなぁ・・』と、決心したが、なにせ気温が急激に下がっている。フロントグラスがすっかり凍り付いている。朝日が当たるまでは、もう少し時間がある。一度、車にもどって・・・と、一旦車に入って、シュラフにくるまると、また眠くなってしまった。で、もう一度目が覚めたときは7時を回っていた。(笑)

結局、赤富士は撮影できなかったが、まだほんのり朝日の赤さを残した富士が、青空の向こうにクッキリそびえている。少し散歩しながら、何枚か撮影した。『こんな富士山を見たい!』と、いうイメージ通りの富士山の姿だった。

STに戻り、珈琲を飲む。これが、やっぱり、旨い!

ゆっくり目の朝御飯を食べ、のんびり片づけをし。お昼ぐらいにキャンプ場を後にした。帰りの東名はガラガラに空いていて、八王子には2時間半で帰ってきた。それにしても、ノンビリした気分になれた。やっぱり、いつもの気の置けない仲間とのキャンプは、ほんとにいい感じだなぁ・・、と、思う。

今年も一年間遊んでくれた、みんなに心から感謝である。