☆9月21日(土)  小菅で柵作り


☆9月21日

目が覚めたら8:00だった。さすがに目覚まし無しでは起きられなかった。あわてて出発。今日は小菅で蕎麦畑にイノシシ対策の柵を作る作業である。青梅のスーパーで食料を調達。kurooさんから電話が入る。奥多摩駅で足止めをくってるとのこと。このぶんだと30分遅れで到着かな。

吉野街道、青梅街道とも空いていて順調に走る。船木山荘前には加藤さん、稲垣さん、kurooさん、岡島さん、がすでに来ていた。少し待つ。しゃーさん、野村さんも到着して、小屋に上がる。

まずは、杭用のヒノキを下におろす。1人3本を紐でしばって引きずっていく。下りなので、思ったより簡単に下までおろすことが出来た。蕎麦畑まで運んで、一服。蕎麦は花がそろそろ終わり、実を結ぶ寸前である。子供の時の原体験が無いので、他の作物と違って、花から作物へのイメージしにくい植物だなぁ・・などと思いながら、写真撮影。

杭を打ち込んでいく。長いので脚立を使う。何本か打ってみたが、脚立が不安定なこともあってなかなか難しい。それでも、なんとか20本ほどの杭を打ち終わる。次は番線を張り巡らせていく。20cm間隔で、何重かにしていくのだが、一番下段のハリガネが地面から浮き気味である。そこから穴を掘られての進入も考えられるので、急遽、竹でペグを作り、ところどころを押さえていくことにする。竹を切ってきて、悩んだ。はて、どんな形状にしたら良いのか・・・。しゃーさんが、実に的確にアドバイスをしてくれた。早速、作ってみる。ナタでコンコン削って、竹ペグの出来上がりである。30本ほど作って、一番下段のハリガネを地面に止めていく。


お昼ご飯をはさみ、午後まで作業をした。番線が思ったより必要になり、縦の編み込み作業は明日に持ち越しになった。道具を片づけて、再び小屋に上がる。

わたるさんが、食材を購入してきてくれた。さっそく七輪に炭を熾す。まずは稲さんの今回の釣果であるヤマメとイワナが焼かれ、そしてわたるさんが買ってききてくれたサンマが焼かれる。2升上げたお酒がドンドン減っていく(笑)。僕は例によって、アスパラとベーコンのパスタを作る。相変わらず好評(^^)。宴会の途中、猫さんから電話が入る。近くにいるということで、みんなでこっちに来るように説得。結局、猫さんは山を登ってきた。それから延々と、宴会は続いた。国際問題からカーナビの必要性まで、なにやら大いなる議論は盛り上がり、夜は更けていった。


しゃーさんと、”なんで瀬音の活動に来ると心地良いのか”という、話をした。きっと、みんな子供なんだと思う。もちろん、一人一人はそれぞれの世界で、実に立派な仕事をしているのだと思う。でも、瀬音の森にやって来ると、途端に純粋な子供達になってしまうような気がする。森の作業、畑の作業、それぞれ意味はあるし、次世代への思いは確かにみんな持っているとは思うが、基本的に瀬音で”何か”することが、楽しくてしょうがないんだと思う。その子供達が、片や、自然や社会に対して優れた見識を持つ、実に独立した大人でもあるわけで、そのあたりのバランスの良さというか、普通の市民感覚で言えば悪さというか(笑)・・・・そのあたりの共通の感覚が、心地よさの源泉ではないかと思う。

今日はデッキで寝ることにする。半袖ではちょっと寒いくらいの温度で、寝袋が気持ちいい。寝酒のウィスキーがきいて、まだ続いている焚き火の音を聞きながら眠った。

満月はかさをかぶって、明日は天気が崩れそうだ・・・・
☆9月22日(日)  

デッキで寝た割には、なんだか熟睡出来ずに、少し損した気分。7:00くらいにみんな起き出す。全員、”朝プシュッ!”である(寝起きのビール)(笑)。酒飲みではない僕には信じられない光景だが、みんな実に幸せそうな顔をしている(^^)。

僕は珈琲。これは相変わらず美味い! 焚き火を始める。昨日割った薪は全部燃やしてしまったので、そのへんのヒノキの枝を集めて燃やす。燃やす物がそのへんにいくらでもあるというのは、なんとも嬉しい。

朝御飯はウドンとラーメン。食後、小屋の回りの簡単な草刈り。小屋の回りは木が切られているので、たくさん日が当たる。その日当たりの場所だけが見事に草が生えている。間伐した林の中も、間伐以前から比べると随分明るくなっていて、ところどころに草が生え始めている。この調子で行けば数年で結構下草が生えるような気がする。

春の作業の時にkazuyaさんが植えたコシアブラを探す。春のこの時は、僕は参加していなかったので場所が良く分からなかったが、kurooさんが、見つけてくれた。さすが森林インストラクターである。雑草の中に埋もれているコシアブラの葉をいとも簡単に見つけだした。日当たりの良い場所なので、結構元気な葉を出している。写真を撮影しておく。

最後に掃除をして山を下りる。野村さんは一足早く降りて、昨日足り無かったハリガネを買いにいった。僕らは野村さんが戻るまで少し休憩。その間に稲さんが前の川に入り、岩の中に手を入れてイワナを探っている。以前、ここで手づかみをしたことがあるらしい。残念ながら、今回は漁はなし。(^^;;;

野村さんがハリガネを買って戻る。早速、畑で作業開始である。横巻きにあと2段分巻く。僕らはその間、細いハリガネで縦の編み込みである。20cmくらいの四角形で、ハリガネの網が出来た。今回は8人のメンバーでやったが、これを一人で全部やるとなると、見た目よりは、随分たいへんな作業になるだろうなぁ・・・と、農作業の大変さを、ちょっとだけ考えた。

ほぼ終わったのが、お昼くらいだった。これで、今年は美味しい蕎麦が食べられるだろう。(笑)

帰りは、サッカーのビデオを見るために早く帰ったkurooさんを除いて、水の館の隣の食堂でお昼ご飯を食べてきた。僕は焼き肉定食(笑)。

目に見える作業を終えて、今回も、なんだか充実した気分である。サラリーマン生活には、コイツが無いんだなぁ(笑)。