2005.04.02〜03   秩父で炭窯つくり4


ほぼ詰め込みが終わった。 最後に番線を2重まわしにしてしっかり止める
詰め込んだ窯の回りを”突く”作業。粘土質の地面
を突き固めていくのは、想像を超えた大変さだった。
深さ30cmまで突いていく。重労働だった。
詰め込んだ杉の上部を卵型に切りそろえていく。
この作業で窯の屋根の原型が決まっていく。
kurooさんのチェーンソーさばきが冴える
こんもりと卵型のドームになった 窯の入り口を耐火煉瓦を積み上げていく。

back    next